テレビドラマレビュー☆ドラマ大好き♪

リタイヤの多いテレビドラマ感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

官僚たちの夏 第1話『昭和三十年の夢(高度経済成長の始期)』 レビュー

敗戦から10年経った、高度成長期元年といわれる昭和30年春(1955年)、日本の道路舗装率がまだ5%にも満たなかった。家一軒よりも車の値段のほうが高かったそんな時代に、日本人にも買える国産車を作ろうとする動きがあった。
その動きは、「通産省の国民車構想」という記事ですっぱ抜かれ、通産省には記者が殺到、職員は対応に追われる。重工業局長の丸尾要(西村雅彦)は根回しもできていないこの計画を、同局自動車課長の風越信吾(佐藤浩市)が勝手に記事を書かせたと思い怒りを露にするが、風越に心酔する中小企業振興課長の鮎川光太郎(高橋克実)は「あの人はいつも10年先を見据えている」と弁護する。

その頃、風越は、安くて故障しない車を作るよう、かつて戦闘機を作っていたアケボノ自動車を説得中だった。条件は4人乗りで時速100キロを出せ、10万キロ走っても大きな修理を必要としない車を3年以内に開発し、25万円で販売するというものだった。しかしアケボノ自動車の朝原太一(蟹江敬三)社長は、「理想は素晴らしいが現実を考えてくれ」と風越の要請を断ってしまう…。


一応、それなりにフンフンと思いながら見たんですが、興味を持って続きを見たい!とは思えませんでした。
というわけで、たぶんもう見ないと思います。リタイヤ~。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ応援クリックお願いします!
 無料動画有★ドラマランキング 無料動画有★ドラマ人気ランキング
スポンサーサイト

テーマ:官僚たちの夏 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2009/07/06(月) 11:30:36|
  2. 【R】官僚たちの夏
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。